長くつきあえるヒント

メガネを長持ちさせるには、ちょっとした気遣いがコツです。
長く使っていただくいろいろなことをピックアップしていきます。
メガネの掛け外し時はどうしたらいい?
両手で外してください。
片手で外すのは、変形したりゆがんだりしやすくなります
外した後はどうしたらいい?
フレーム部分は、専用のメガネふきかティッシュペーパーで拭いて下さい。
直接顔にふれる部分は、汚れが目立つので、こまめに拭いていただくのがベストです。
たたむ時にはどうしたらいい?
多くの場合には、左(掛けているときの左)のテンプル(うでの部分)から先にたたむようにして下さい。
右からたたむとメガネケースにうまくはいらない場合があります。
置く時はどうしたらいい?
キズを防ぐためにレンズ面を上にするか、メガネを逆さにします。
使わない時や持ち運ぶ時はどうしたらいい?
メガネケースにいれるようにして下さい。
メガネが濡れてしまったらどうしたらいい?
やわらかいタオルなどでそっと水分をふきとり、専用のメガネ拭きで
キレイに仕上げましょう。
その他???
掛けている時に、整髪料や化粧品がついてしまうことが多々あります
プラスチック部分を白くしてしまうものがあるので、使ったあとは、水洗いをして下さい。
後、メガネ拭きが汚れていると油汚れなどが、すっきりきれいになりません。
メガネ拭きは、お洗濯できますので、こまめに洗ってきれいな状態を保って下さい。